ランドセルで世界をせおう
背負い良いランドセルあります
何色にする?
親子の架け橋 横山鞄
carry a satchel on one's back

オリジナルランドセルの始まりは30年以上前
今から約30年前、長女の入学とともに岐阜横山鞄のオリジナルランドセルの開発が始まりました。その頃のランドセルと言えば子供がちょっと乱暴に扱えばすぐキズ・シワだらけ、気がつけば大マチが型崩れをおこし潰れて、ランドセルがペッタンコ状態になるのが普通でした。6年生になるころには、表面がボロボロに剥離して縫い糸も切れ切れ、ベルトも切れかけて、かろうじて使用できる程度でした。余談ですが私のランドセルは1年で壊れました。50年以上前の話です。

そんな30年以上前の時代にオリジナルランドセルの開発はスタートしました。その時にも使ってみたい材料や採用したい部品などはいろいろありました。でも6年使った結果がわからない。特に安全ナスカン吊りなどに使われている樹脂素材の耐久性が未知数でした。今では当たり前に使われていますが当時は「プラスチック」だから簡単に壊れるとお客様の評価も散々だったことを覚えています。それでも、安全ナスカンの効用を説明して横山を信じていただきました。新しい材料や部品などは試用実験しても、やっぱり6年間ご使用いただきご満足いただけることで確信がもてるのですが、6年間も待っていられません。6年間無料保証付きなので部品・素材の選択の失敗はできないのです。

オリジナルランドセルの他社との違い
岐阜横山鞄を代表するオリジナルランドセルと言うからには他社との明確な違いがなければなりません。たとえば既成のランドセルに会社のマークを入れるだけでもオリジナルランドセルは出来上がります。でもそこにあるのは会社の自己主張だけで、理念も理想もありません。横山ランドセルにはいまだ商標マークがはいっていませんが、造りの遍歴と部品の仕様をみればそれが何年前の横山オリジナルランドセルなのかわかります。サイズだけでも、B5サイズ、B5プラスサイズ、A4サイズ、A4フラットサイズと4回、全体の仕様変更は5回ましてや部品の形状や材質までもが幾度となく更新を繰り返されて現在に至っています。でも横山ランドセルは一貫したポリシーのもと製造されていますので、それがたとえ30年前のランドセルだとしても、現在とまったく仕様が異なっていても、横山オリジナルランドセルだとわかります。なぜなら「軽くて丈夫で使いよい」ランドセルを造るため、さらに軽くより強くしかも使い良いランドセルにするためランドセルを進化させることが30年前から一貫として岐阜横山鞄の考えだからです。

ランドセルの基本は軽くて丈夫
30年前でも、現在でもお客様がランドセルに求める基本的なことは「軽くて丈夫」だとと思います。ランドセルは100以上のパーツから成り立ち様々な工程を経てできあがります。そこにあるのはランドセル製造の無限の組み合わせと取捨選択です。「軽くて丈夫」単純に丈夫なランドセルにしたいだけなら丈夫な部品や素材を採用すればできあがります。また軽いランドセルにしたいなら軽い材料を採用すればいいのです。もっと理想を求めるならば、採算を無視して軽くて丈夫な素材にすることもできます。でも現実的に考えるとできる範囲はそれほど大きくありません。なににこだわってランドセルを作っているか?そのこだわりをどのようにランドセルに表現しているか?ぜひ比較検討してください。

こんにちは!岐阜横山鞄です。
30年前でも今でも変わらずランドセルは熟練職人の手作りになります。横山ランドセルは手作りながら機能性を一番重視して設計製造されています。入学前は色やデザインが気になっていても、6年間の通学時に大事なのは背負い良いこと、使い易いこと、いっぱい収納できることだと思います。そして基本的性能として、軽くて丈夫な造りとなります。岐阜横山鞄は手作りながら機能的で軽くて丈夫なランドセルを通して子供たちを応援します。
現在いろいろな情報や迷信が氾濫しているなか、ベストのランドセルを選ぶのはとても大変なことだと思います。好みのデザインやブランド、通学時間の違いや体格差、お子様一人一人に最適なランドセルは異なっていると思います。6年間安心してお使いいただく為にもこのHPが皆様のお役に立てれば幸いです。