横山ランドセルのこだわり

横山ランドセルのスライドフィット背カンを詳しく

2021年御入学予定のお子さまの為に企画されたオリジナルランドセルにも、今までと変わらず【おす】ボタンを指で押すとスライドし、お子様の体型に合ったちょうどよい位置で、背負いベルトが固定するという、安定感のあるフィット系のスライド背カンをそのまま採用します。

フィット系背カンはお子様の背中にしっかりとフィットし沢山の教材の入ったランドセルも元々の重さより少し軽く感じさせてくれるという必須アイテムです。もちろん個人差はありますが、背負ってお試しいただくと、お子さまの心をつかむだけでなく、ご両親も納得してくださいます。

横山ランドセルのスライドフィット背カンの特長

立ち上がりフィット式背カンの共通の特長は「背負いベルトが上方向に固定していること」です。横山ランドセルは肩ベルトの取り付け部品にフィットフォルダーを採用してますので、お使い初めから適度なフィット感があります。さらに、背カンが横にスライドする構造になっており、お子様の成長に合わせて8段階調整し、ロックして使用することができます。 高学年になると体格も大きくなるので、間隔を広げていただくと楽に背負うことができます。背負っている時に勝手に動かないので髪の毛を挟むトラブルが発生しにくいのも特長です。このように、フィット式背カンの背負いやすく軽く感じる特長と横山ランドセル独自のスライド背カンの特長が加わり、さらに快適に、6年間安心して背負っていただけるランドセルになっているのです。

ランドセルを横からみてスライド背カンの様子
ベルト立ち上げ式
肩ベルトが上向きに背中に沿うようにセットされますので、自然に背中にフィットします。背負いベルトを本体に垂直に取り付けてありますので、肩のカーブに沿って自然な形状でベルトがフィットします
ランドセルのスライド背カンの拡大図
8段階スライド調整式
横山ランドセルのスライドフィット背カンは成長に合わせて、8段階に横方向にスライド調整ができるので、高学年になっても楽に背負うことができます。
ランドセルのスライド背カンを閉じた図
低学年の時
写真のように、一番狭い状態に調整すれば、肩ベルトが肩からズレ落ちにくいです。ご入学時はこの幅で大丈夫ですね!背カンの幅を変えたいときは真ん中にある『おす』というボタンを押しながらフォルダー部分を動かして調節します。
ランドセルのスライド背カンを広げた図
高学年になった時
一番最大まで広げてみるとここまで広がります。広げた状態で固定できますので、とっても楽に背負うことができます。やっぱり高学年になると成長に合わせて、 体格も大きくなっていくので、間隔を広げていただくと楽に背負うことができます。

冬はもこもこのアウターを着て小学校に通学するとおもうのですが、少し広げていただいただけで、背負い心地はよくなります。また肩幅の部分を好きな間隔で固定できる機能もついていて背負っている時に勝手に動かないのもスライド背カンのいいところなのです

ランドセルを選ぶときは立ち上がり背カン

ランドセルを選ぶ時のポイントは、ランドセルの中に1キロ程度の重たいおもりをいれて実際背負ってみることです。 重さが加わった時、ランドセルはどのような状態なるのか、引っ張られる感じはないか、実際体感してみることがとても大切です。 ランドセルの色や見た目は、購入後でもカバーを掛けたりして好きなように変える事ができますが、背負いやすさは変えることはできません。お子さまが安心して6年間を過ごせるよう、背負いやすく負担の少ない立ち上がり背カンを選ぶことがとても大切なのです。

ランドセルカタログ請求
ランドセルを選ぶリンク
ランドセルご購入案内リンク
  1. この記事へのコメントはありません。