ランドセルを選ぶ

ランドセルのスライド背カンを閉じた図

横山ランドセルのスライド背カン

今ではほとんどのランドセルがフィット式背カン

なぜなら・・・お子さまに大きな負担をかけず、軽く感じながらとても背負いやすいからです。6年間という長い間、お子さまが背負い続ける大事な道具であるランドセル。より快適に使用してもらえるよう、フィット式背カンには背負いやすい工夫が随所にあります。

昔のランドセルは何式?

より背負いやすくより丈夫にと、年々進化し続けるランドセル。昔自分たちが使っていた頃のランドセルは一体どのような物だったのでしょうか?サイズ、色、丈夫さ・・・どれをとっても大きな違いがありますが、記憶に残っているのは、ランドセルに沢山教材や道具をいれて背負うと、リュックサックを背負っている時の様にランドセルと背中の間にすき間ができ、肩が痛くなったり、後ろに引っ張られるような感じでベルトがズレてしまったり、背負いにくかった事でしょうか。昔はフィット式背カンではなく固定式背カンのランドセルしかなかったので、それがあたり前になっていました。2003年に「天使のはね」が販売されたのが、フィット式背カンのはじまりでした。

フィットする理由

今や定番になっているフィット式背カンですが、名前の通りより背負いやすくフィットするよう工夫がされています。さまざまな種類のフィット式背カンがありますが、共通する仕組みは背負いベルトを上方向に固定していることです。上方向に取り付けることで、背中と肩に沿うようにフィットします。しっかりフィットすることで、ランドセルが重くなっても背中とランドセルの間に隙間ができず、体の一部分にだけ負荷がかからないよう、重さが分散されます。その結果、実際のランドセルの重さよりも軽く感じて背負うことができ、身体への負担も少なくて済むのです。

固定背カンとフィット背カンをの背負った場合の違い

一方、昔からある固定式背カンはベルトが上下に自由に動くので、ランドセルが重たい状態で背負うと後ろに傾き、背中との間に隙間ができ背負いずらくなってしまいます。また、ランドセルの重さも肩や腰などに集中してしまい、身体に負担を感じやすくなるのです。

フィット背カンの種類

「天使のはね」が販売された当初、その背負いやすさからとても人気となりました。「天使のはね」は白い羽のような形をした樹脂素材が、肩ベルトの付け根に内蔵されており、肩ベルトを立ち上げ身体ににフィットする仕組みを作り上げています。肩ベルトが左右同じ角度幅に開くことで、ランドセルが重たくなった時にも重心が身体の中心に保つことができます。 その後さまざまな種類のフィット式背カンが開発され、主流となっていきました。

pfit - 横山ランドセルのスライド背カン

フィットちゃん背カン
肩ベルトを25°立ち上げることで、ランドセルと背中との接触面積がアップして肩への負担が軽減され、背負った時軽く感じられる仕組みです。肩ベルトが左右別々に動くので成長しても背負いやすくおろしやすい構造になっています。

pwing - 横山ランドセルのスライド背カン

ウイング背カン
内部に金具素材が入っており、ベルトが持ち上がって身体とランドセルとの隙間をなくし、背中と水平に背負えるようになっています。肩ベルトが左右別々に動く背カンで背負いやすくおろしやすくなっています。有名ブランドのランドセルに採用されています。

上記の背カンの以外にも新しく作られている背カンは、基本はどれもフィット式の背カンなのです。横山ランドセルもフィット式背カンを採用しています。
ひとくくりにフィット式背カンといってもそれぞれに個性があるので、どのタイプのフィット式背カンがあっているのか、実際背負ってどのタイプが合っているのか必ず確認することが大切です。

横山ランドセルのスライド背カンの特長

フィット式背カンの共通の特長である「背負いベルトが上方向に固定していること」に加えて、横山ランドセルの背カンには独自の特長があります。


肩ベルトの取り付け部品にフィットフォルダーを採用してますので、お使い初めから適度なフィット感があります。さらに、背カンがスライドする構造になっており、お子様の成長に合わせて8段階調整し、ロックして使用することができます。 高学年になると体格も大きくなるので、間隔を広げていただくと楽に背負うことができます。背負っている時に勝手に動かないので髪の毛を挟むトラブルが発生しにくいのも特長です。このように、フィット式背カンの背負いやすく軽く感じる特長と横山ランドセル独自のスライド背カンの特長が加わり、さらに快適に、6年間安心して背負っていただけるランドセルになっているのです。

ランドセルを選ぶときはフィット背カン

ランドセルを選ぶ時のポイントは、ランドセルの中に1キロ程度の重たいおもりをいれて実際背負ってみることです。 重さが加わった時、ランドセルはどのような状態なるのか、引っ張られる感じはないか、実際体感してみることがとても大切です。 ランドセルの色や見た目は、購入後でもカバーを掛けたりして好きなように変える事ができますが、背負いやすさは変えることはできません。お子さまが安心して6年間を過ごせるよう、背負いやすく負担の少ないフィット式背カンを選ぶことがとても大切なのです。

  1. この記事へのコメントはありません。