横山ランドセルのこだわり

横山ランドセルの牛革と人工皮革のキャッチ画像

横山ランドセルの牛革と人工皮革

横山ランドセルのイタリア製牛革のこだわり

防水・耐傷加工 イタリア製牛革

机に広げられたランドセル生地

横山ランドセルに採用されているイタリア製牛革は特殊な表面加工が施されていますので、キズ・シワに大変強く防水性も非常に優れています。


イタリア製牛革の柔らかいカブセ

横から見たランドセルを開けた状態

イタリア製牛革はとてもしなやかで、柔らかい為、写真の様に自然にかぶせが曲がり、教科書などの出し入れの邪魔になりません。柔かいので、曲げてもシワになりにくく、6年間安心して使用していただけると思います。


一般的な国産牛革の固いカブセ

横からみたランドセルを開けた状態

一般的に販売されている牛革では、固い為に、写真の様な状況になる場合が多いです。このままだと使いにくいので、ムリに折り曲げるコトになり、表面にシワが発生して、ヒビ割れ、さらに水が浸入して、表面剥離を起こします。これは国内加工牛革を使用したタイプにおよそ共通した現象なので、高学年になり比較すると人工皮革の方がキレイな場合もあります。

ランドセルのカブセの跳ね返りに注意

ランドセルのカブセが跳ね返って子供の頭にあたる

コードバンや牛革でもカブセが固いと勢いよく跳ね返るのでキケンです。最近は金具の先端に樹脂カバーがついてますけど、それでも注意が必要です。ちなみに、横山のイタリア製牛革はとても柔らかい仕様なので、跳ね返りにくいです。

横山ランドセルの日本製人工皮革のこだわり

横山オリジナルに使用している人工皮革は丈夫さと軽さのバランスを最優先に、フィルウエル社の日本製人工皮革を採用しました。フィルウエル社は人工皮革の会社としては後発の会社ですが、規格が新しいだけ、キズ・シワなど丈夫さに優れています。

背中と肩ベルトにFILWEL社のバイオアルファ人工皮革

斜め後ろから見た赤いランドセル

体に触れる背中と肩ベルトの裏側には、フィルウェル社のバイオアルファ人工皮革を採用しています。従来のソフト牛革よりも汚れに強く抗菌機能つきで天然皮革に遜色のない風合い、手触りを実現した強い素材です。ランドセルの背中の素材といえば昔はソフト牛革しかなく、他の選択はありませんでしたが、今は背中素材は高機能な背中専用の人工皮革が主流です。通気性に非常に優れ、抗菌防臭機能もあり、従来のソフト牛革よりも黒ズミやカビに強く快適に使用できます。


イタリア製牛革はもともとランドセル用の生地ではないんですね。イタリア製ブランドバック用の生地です。この生地でランドセルを造ったらスゴイぞ!っという感じで造ったのが横山ランドセルなんですね。ちなみにイタリア製ブランドって?質問にはお答えできません。横山鞄の最高機密事項なんです。気になるでしょうけど、ごめんなさい。

横山ランドセルの牛革と人工皮革についての関連記事

投稿が見つかりませんでした。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。