ランドセルの選び方のコツ

ランドセル各部の名称と役割

ランドセルは金具も含めて100個以上の部品からできています。部分ごとに名称・役割があるので、覚えておくとランドセル選びの時に役立ちます。
【カブセ(冠)】
ランドセルの蓋の部分です。ランドセルの顔と言える部分で、底部分までカバーした全カブセが一般的です。ランドセル前段の中程までをカバーしたものが半カブセです。最もポピュラーな素材は人工皮革のクラリーノで、雨・キズに強く、質感がやわらかい特徴があります。天然皮革では牛革が良く使用されます。
【大マチ】
教科書などを収納するスペースで、ランドセルの中で特に重要な部分です。大マチが補強されていることで型崩れを防止し、6年間大切に使用できます。ランドセル購入時は実際に手に取り、マチの強度をチェックすることをおすすめします。
【背カン】
肩ベルトの付け根に当たる部分で、ランドセル本体に肩ベルトを繋ぐ役目があります。背カンの性能によって背負い心地が大きく左右されます。
【背あて】
ランドセルと背中が密着する部分で、こちらも背負い心地に影響を与えます。お子様に負担が掛からないクッション素材を選びましょう。通気性の良い素材や抗菌機能の備わった素材などもあるので、細かくチェックしてみて下さい。
【安全フック】
給食袋や体操着入れを吊り下げるフック金具です。ナスカンに吊り下げた給食袋などが、車やバイクとすれ違った時に引っかかる事故も少なくありません。急激な力が掛かると簡単に外れる、安全フックのランドセルがおすすめです。

  1. この記事へのコメントはありません。