丈夫な横山ランドセルの特長 手作りランドセル岐阜の横山鞄

横山ランドセルが丈夫な理由を紹介します。

横山鞄オリジナルランドセルの丈夫な構造

大マチフルフレーム仕様
大マチフルフレームⅡ仕様/dd>
本体の型崩れ防止に、大マチ全体を軽くて丈夫な素材で内部カバーしました。本体の大マチ全体に樹脂板が組み込んであるフルフレーム仕様です。軽量で丈夫な素材が大マチ全体に入っていますので、型崩れしにくい構造になります。
カブセ:縁を補強
カブセの縁を補強
痛みが目立ちやすい、カブセの縁をシッカリとガードしました。擦れて白くなることや、ひび割れを防ぎます。
背中:底角の二重補強
底角の二重補強
ランドセル本体の一番スレやすい底角は、しっかりと二重補強してあります。

ランドセルを大切にしてもらう方法

ものに溢れた現代では、ものを大切にすることを忘れてしまいがちです。ものを大切にすることは、自分のことを大切にする心を育て、人を思いやる気持ちを育てます。お子様の豊かな心を育むために、小学校入学時に買い与えられるランドセルを通して「ものを大切にすること」について教えてあげましょう。

お子様と一緒に選ぶ

以前は男児が黒、女児が赤を使う場合がほとんどでしたが、最近は様々な種類、カラーが登場しています。まだ小さいとはいえ、色の好みはあるはずなので、6年間自分の好きな色のランドセルを使えるのはうれしいはずです。ただ、お子様では判断しづらい通気性やサイズ、軽さなどの機能面は、ご両親が見てあげることをおすすめします。自分で選んだランドセルは、大切に使ってくれるはずです。

金銭教育も一緒に

お金の大切さには金額の大きさは関係ありません。ちょっとした小銭程度であれば、こどもの成長に影響はないと考えるのは危険です。お金は湯水のごとく湧いてくることはありません。ものを買い与える場合でも衝動的に買うことはせずに、しっかりと考えて計画を立ててからにする。ものは長く大切に使わなければならないということを伝えてあげましょう。お子様の未来のために、正しい金銭感覚を身に付けさせてあげることが大切です。

乱暴に扱う理由を聞く

子供というのは、ランドセルを放り投げたり蹴りつけたりして、手荒に扱ってしまうものです。「どうしてそんな風にするの?ランドセルがかわいそうでしょ」といっても、「かわいそうじゃない」と答える子がほとんどです。それがダメなことだというのを本人はまだ理解できていないからです。「乱暴に扱うと壊れるよ、壊れたら修理しなければいけないし、もしかしたら二度と使えなくなるかも」ときちんと教えてあげましょう。当店は半世紀にわたりランドセルの製造を行う岐阜県の工房です。お買い上げいただいたすべてのランドセルに、「全国どこでも6年間無料修理保証」を付けさせていただいておりますので、小学校卒業まで安心してご使用いただけます。通販もご利用いただけますが、店頭にもたくさんの種類、カラーをご用意しておりますので、お子様と一緒に選びたいとお考えの方は、店頭まで足をお運びください。

TOPへ