横山ランドセルの背負いやすさと背負い方の特長 手作りランドセル岐阜の横山鞄

横山鞄オリジナルランドセルが背負いやすい理由

横山ランドセルの背負いよい背カン

背カン:スライドフィット横側
スライドフィット背カン
横山鞄オリジナル専用の背負い部品です。肩ベルトが上向きに背中に沿うようにセットされますので、自然に背中にフィットします。背負いベルトを本体に垂直に取り付けてありますので、肩のカーブに沿って自然な形状でベルトがフィットします。
背カン:スライドフィットフォルダー
フィットフォルダーを採用してますので、お使い初めから、適度なフィット感があります。スライドロックは、成長に合わせて8段階調整ができるので、高学年になっても楽に背負うことができます。
低学年の時
低学年の時
写真のように、一番狭い状態に調整すれば、肩ベルトが肩からズレ落ちにくいです。
高学年になった時
高学年になった時
広げた状態で固定できますので、とっても楽に背負うことができます。
肩ベルトの形状:ワイドS字肩ベルト
肩ベルトの形状
肩ベルトの形状を立体的に体に合う形に湾曲させました。肩ベルトの湾曲幅が広がったので、とても軽く感じると思います。
ワイド肩ベルト
肩ベルトに低反発素材
肩ベルトの内部には低反発素材が内蔵されて重みが分散されてます。

横山鞄オリジナルの背負い方

固定背カンの場合はフィットさせるため、肩ベルトを短くする必要があります。フィット背カンの場合は肩ベルトをそれほど短くする必要はありません。むしろ長めにセットしていただいて、楽に背負ってくkださい。

マネキン背負い方:横から
フィットフォルダーを採用していますので一年生でも、肩ベルトの穴の位置は上から3番目位の、すこし長めにセットしていただき、 ランドセルが肩からぶら下がるような位置に調整していただくと、とっても楽に背負うことができます。
TOPへ