1. 横山鞄ホーム>
  2. ランドセルカバーの役割

ランドセルカバーと聞いて、学校や自治体から配られる黄色カバーを思い浮かべる方も多いでしょう。最近はランドセルの種類も豊富なことから、ファッション的な意味合いでランドセルカバーの種類も増えています。本来、ランドセルカバーには雨よけ・キズ防止・安全対策などの役割が備わっています。

【雨よけ】

雨が降ると子供は自分の全面を守ることが多いため、ランドセルが思った以上に濡れています。その結果ランドセルだけでなく、中の教科書・ノート類も濡れてしまうことになるのです。ランドセルをすっぽりと覆うタイプのカバーがおすすめです。

【キズ・汚れ防止】

現在、耐傷性に優れたランドセルが主流ですが、やはり6年間使用するので、なるべくキズ・汚れを防ぎたいと思うものです。ランドセルのカブセは特にキズ・汚れがつきやすい部分なので、開閉も楽なカブセ部分だけのカバーがおすすめです。

【安全対策】

小学生の歩く道路はアスファルトが多いので、背景が黒や灰色になりがちです。そんな背景で見えやすい色と言われるのが黄色です。黄色は子供達を守る色として、ランドセルカバーでも選ばれているのです。カバーを選ぶ際には黄色をはじめ、明るい色を選ぶようにしましょう。他にも、反射性の高い素材を使用したカバーも、安全対策に効果的です。

人気のランドセルカバー

ランドセルのデザインが気に入っている場合、カバーで隠すのは勿体ないです。様々なデザインのカバーの中で評判を集めているのが、透明のカバーです。キズ・汚れから守るだけでなく、ランドセル本体のデザイン・色が楽しめます。 さらに透明カバー自体にアレンジを加え、オリジナルカバーを作ることもできます。なかなか気に入ったデザインが見つからない時は、オリジナルカバーを作るのもおすすめです。

ランドセルカバーの注意点

ランドセルカバーをつける上で注意したいのは、つけっ放しにしないことです。例えば1ヶ月以上ランドセルを使用しない夏休み期間中、カバーをつけたままでは通気性が非常に悪いです。カバー内に湿気・水が溜まり、カビの原因になることもあります。定期的にカバーを外し、通気性を良くしましょう。