1. 横山鞄ホーム>
  2. ランドセルの収納方法について

初めて小学校生活を迎えるご家庭にとって、ランドセルや教科書類を置く収納スペースをどう作るか悩みどころです。学年が上がるにつれ、持ち物も増えてきます。収納スペースは6年間の小学校生活を考えて作ることをおすすめします。

ランドセルの収納方法

まず学習机のサイドに掛ける方法があります。ランドセル収納で最もオーソドックスな方法です。ただ、ランドセルフックの形によって掛けづらいことがあるので、注意が必要です。次に学習イスの下のスペースに置く方法があります。こちらも収納方法として多いです。多少スペースが窮屈なので、収納しにくいことがあります。 学習イスを使った収納方法として、背もたれに掛ける方法もあります。この方法は基本的に安定性が悪く、イスが後ろに倒れる可能性も高いので避けるほうが無難です。

ランドセルラックがおすすめ

ランドセル収納で人気を集めているのが、ランドセルラックです。一番上にランドセルが置けるようになっており、その下には教科書やファイルなどを立てて収納できます。小物類を入れる引き出しがついたタイプや、お子様の成長に合わせて高さを変更できるタイプなどもあります。キャスター付きも多く、使いやすい場所への移動も簡単にできます。

カラーボックスも便利

ランドセルラックの代わりに、カラーボックスを組み合わせて収納スペースを作る方法も人気です。カラーボックスも棚板の変更が可能なので、お子様の成長に合わせて見直しができます。ランドセルラックよりも安く準備できることも、カラーボックスのメリットの一つです。 お子様に収納するクセをつけて欲しいと、全て一人でやらせようと考える方も多いでしょう。ただ、入学当初は親が一緒に収納を手伝い、収納のやり方を身に付けさせることをおすすめします。 当店では耐傷・防水性に優れたイタリア製牛革・軽さに優れた日本製人工皮革のオリジナルランドセルや、新作フィットちゃんランドセルをご用意しております。全国通販も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。