あなたは当ページを訪れた累計人目のお客様です。
昨日カウント : 本日カウント :

2018年度の牛革ランドセルできました
2017.08.12
こんにちは。 お盆休みにはいり、連日の暑さも少し和らいだような気がする、今日このごろの店長です。さて表題とおり、9月お渡し予定のイタリア製牛革ランドセル全種類が、予定よりも少し早く出来上がり、とても安心しているところです。出来上がりのハガキ連絡は8月末頃にお出しする予定ですが、ハガキが到着する前でも、ご来店していただければ、ご予約のランドセルをお渡しすることもできますので、黄色い予約伝票をご持参のうえ、ご来店くださいませ。なお、イニシャル刻印と飾りカシメ鋲打ちはお客様に最終確認の上、実施しますので、ご来店の場合は最終変更も可能です。また、宅配希望ご予約のお客様には、出来上がりハガキが到着後から、順次発送していきますので、しばらくお待ちください。
小学校先生とワンタッチロック
2017.07.29
こんにちは。 小学校先生とワンタッチロック。ちょっと意外な組み合わせですが、ランドセルを操作するのは子供だけではないのです。現役の小学校先生から伺った話ですが実は学校の先生も毎日、忘れ物のチェックをしたり、 下校時には閉め忘れで中身が出てしまう事を避けるため児童全員のロックの確認をすることもあるそうです。 そんな時にはやっぱりワンタッチロックがとっても役に立つそうなんですね。 たしかにそうでしょう、クラス全員のランドセルを一本づつ確認するとなると、かなりの手間と時間がかかります。それが手動式のひねり錠だった場合は、 ハメて回して確認して3段階の作業となります。ワンタッチロックの場合だと、自動で閉まってくれますので、基本的には目視の必要がありませんから、ほぼ一回作業となります。 ちょっとした手間の差ですが、クラス全員となると、ワンタッチロックがありがたいそうです。 今でも「ちょっとした」??衝撃でオートロック錠前が故障することがあり、錠前を回すことができなくなるというお店もあるようですが ワンタッチロックが故障する確率は相当低いですし、仮に故障した場合でも錠前を回すことができなくなるということは構造的に見てもないと思います。 「ちょっとした」??衝撃で壊れるなんてこともないですね。そして逆に手動式の錠前が壊れないという保証もありません。 ワンタッチロックにするか、手動式にするかは好みの範囲程度の違いしかないと思います。

夏休み期間は修理期間ですね
2017.07.26
店長です。梅雨あけしまして夏本番です。そして夏休み期間はランドセルの修理期間です。簡単な修理から、重症なランドセルまで様々な修理があります。 横山鞄では給食袋掛けのナスカン修理や部品の交換などは、ほとんどの場合、お持ち込みしていただければその場で修理できると思います。 糸のほつれなどは、一日ほど預かり修理になります。でもちょっとした修理のハズが意外と大修理のコトもありますので、修理のご用命はお早めに おねがいします。また遠方のお客様は佐川急便、クロネコヤマト、郵便局などの着払いで送付していただければ大丈夫です。 気になる点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

6年間無料修理保証を詳しく見る

- CafeLog -