小学校先生とワンタッチロック

こんにちは。 小学校先生とワンタッチロック。ちょっと意外な組み合わせですが、ランドセルを操作するのは子供だけではないのです。現役の小学校先生から伺った話ですが実は学校の先生も毎日、忘れ物のチェックをしたり、 下校時には閉め忘れで中身が出てしまう事を避けるため児童全員のロックの確認をすることもあるそうです。 そんな時にはやっぱりワンタッチロックがとっても役に立つそうなんですね。 たしかにそうでしょう、クラス全員のランドセルを一本づつ確認するとなると、かなりの手間と時間がかかります。それが手動式のひねり錠だった場合は、 ハメて回して確認して3段階の作業となります。ワンタッチロックの場合だと、自動で閉まってくれますので、基本的には目視の必要がありませんから、ほぼ一回作業となります。 ちょっとした手間の差ですが、クラス全員となると、ワンタッチロックがありがたいそうです。 今でも「ちょっとした」??衝撃でオートロック錠前が故障することがあり、錠前を回すことができなくなるというお店もあるようですが ワンタッチロックが故障する確率は相当低いですし、仮に故障した場合でも錠前を回すことができなくなるということは構造的に見てもないと思います。 「ちょっとした」??衝撃で壊れるなんてこともないですね。そして逆に手動式の錠前が壊れないという保証もありません。 ワンタッチロックにするか、手動式にするかは好みの範囲程度の違いしかないと思います。

ワンタッチロック金具:拡大

TOPへ